ユーカリコーヒー

本、編みもの、山・・・趣味と日々の雑記

イギリス・アイルランド一人旅③ 湖水地方ウィンダミア

ロンドンEuston(ユーストン)駅から鉄道に乗ってWindermere(ウィンダミア)という街に移動。

途中Oxenholme Lake District(オクセンホルム・レイク・ディストリクト)駅で乗り換えもありましたが、無事到着できました。

 

・・・ウィンダミアの前に、ユーストン駅での一コマを少々。

 

f:id:eucalyptus18coffee:20200622230620j:plain

 改札手前の電光掲示板です。

 

出発の時間が近づくと電車の情報が出るのですが、乗り場が何番ホームになるのかはギリギリまで分かりません。

電車によっては10分前でやっと分かる・・・なんてことも。

 

出発時刻が近づくと掲示板前のスペースにスタンバイをして、ホームナンバーが出るのを今か今かと待ちわびます。

手に持つチケットの発車時刻が迫る中、ちゃんとこの電車に乗れるのだろうかとソワソワ。

ホームが分かってからも、本当にこっちで合っているのかとドキドキ。

 

不安はありますが、なんせ発車まで時間がありません。

自分を信じて、大きな荷物と一緒に急ぎ足で歩を進めます。

 

当たり前のように発着ホームが決まっている、日本の鉄道システムは優秀だな~と改めて感じたのでした。

 

f:id:eucalyptus18coffee:20200622232647j:plain

 ウィンダミアに到着して、まずはお世話になるお宿「Autumn Leaves Guest House(オータム・リーブス)」へ向かいます。

 

写真の向かって左側、白い窓枠の建物です。 

 

f:id:eucalyptus18coffee:20200622232714j:plain

内装の雰囲気も私好みで嬉しい。 

全体的にこぢんまりと可愛らしく、とても清潔感のあるゲストハウスでした。

 

この旅唯一の個室で3泊、羽を伸ばします。

 

f:id:eucalyptus18coffee:20200622232736j:plain

食事は1階のこちらで。

 

f:id:eucalyptus18coffee:20200624194510j:plain

 朝食にイングリッシュ・ブレックファストを作って頂きました。

 

ちゃんと料理された暖かい食事はなんだか久しぶり。

塩気が強めですが、素材の味がしっかりとしていて美味しかったです。

 

f:id:eucalyptus18coffee:20200624195406j:plain

 翌日の朝食には、興味を惹かれたベジタリアン用のブレックファストを注文してみましたが・・・ま、まずひ。笑

 

味も食感もこんなに違うんだ・・・と神妙な面持ちで味わい、完食しました。

 

f:id:eucalyptus18coffee:20200624204256j:plain

お宿近くのコインランドリー。

無骨なマシンが絵になります。

 

乾燥機で乾ききらなかった洗濯物を部屋いっぱいに干した後、湖水地方ではたくさん見られた「フットパス」へと向かいました。

 

フットパスについては写真も多くなりそうなので、次回に続きます。